So-net無料ブログ作成
カメラ ブログトップ
前の5件 | -

Nikon DR-3 アングルファインダー [カメラ]

Nikonさんの古いアングルファインダーを手に入れました。
DR-3-1 10.23.JPG
新しい物だと倍率を変えてピントの確認ができるのですが
これは等倍固定。
しかし、正立正像なので上下や左右が反転しません。
ファインダーで見るのと同じなのはやっぱり便利[わーい(嬉しい顔)]
ねじ込みだと変な位置で止まると困るなぁと思っていたら
プリズムの手前が回って角度を調整できました。
ちぃと力を入れて回す感じなので
撮影中に下を向く事も無いです。
接眼側を回して視度調節でき
ネジでズレないように固定できるのも良いですね。
PENTAXのレフコンバーターには
このネジが無くて不便に感じてました。
便利なDR-3ですが
このままでは丸窓の機種にしか使えない訳で
角窓のD100やD70で使うには角窓用のアダプターが必要です。
という事で、アマゾンでDK-22を購入[わーい(嬉しい顔)]
DR-3-2 10.23.JPG

Nikon アイピースアダプター DK-22

Nikon アイピースアダプター DK-22

  • 出版社/メーカー: Nikon
  • メディア: エレクトロニクス


今でも新品で手に入るのは良いですね。
ネジまで全部プラスチック製なので
頻繁に嵌め外しするとネジが直ぐに緩くなりそうです。
1個200円ぐらいですから予備も頼んでおけば良かった。
ちなみに、DR-3はオクで420円で手に入れました。
それも送料込みの価格[わーい(嬉しい顔)]
1000円以下でNikonさん用のアングルファインダーが揃いました。

このDR-3とDK-22のセット、
EOS Kiss Digital にも使えるとの書き込みを見て
試してみたら[決定]でしたよ。
PENTAXのレフコンバーターだとガタつきますが
これだとしっくり馴染みます。
CANONさん純正のアングルファインダーBだと
倍率が0.8倍で像が小さくなっちゃうらしいので
等倍のDR-3の方が見易いでしょう、たぶん。
試しにコニミノのαSweetDIGITALにはめてみたら
液晶が出っ張ててDK-22と当たっちゃってダメでした。

最後にD70に付けて[カメラ]
みゅう君 10.23.JPG
床に近い位置でもバッチリ[わーい(嬉しい顔)]


nice!(71)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

甘かったです [カメラ]

XR RIKENON 50mm 1:1.7 で遊んでます。
このレンズ、1:2のように開放からカリカリじゃなくて
開放だと甘々ですね。
小さなゴミがたくさん入り込んでて
それが影響してるのかもしれませんが
少し絞って使った方が良さそうです。
次男 10.21.JPG

今日の写真は、
DMC-G1 + XR RIKENON 50mm 1:1.7
です。

nice!(74)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雑な小細工 [カメラ]

前記事の小細工について書いておきます。
本来こういう事はしない方が良いでしょうから
真似される時は自己責任でお願いします。

左側はカビ取りして使えるようにしたXR RIKENON 50mm 1:2
右側が小細工して使えるようにしたXR RIKENON 50mm 1:1.7
小細工1 10.20.JPG
1:2の写りが良かったので1:1.7を手に入れたのですが
動作未確認のジャンク品だといろいろあります[もうやだ~(悲しい顔)]

>続きを見る


nice!(79)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

使えるようになりました [カメラ]

絞り環と絞り羽をつなぐ部分が壊れてて
常に最小絞りになるジャンクレンズがありまして
私のスキルでは直せそうになかったので
ずっと放置してました。
常に開放なら使えない事もないので
そうなるように細工出来ないかと思案したところ
細い銅線で細工に成功[わーい(嬉しい顔)]
[右斜め下]こんな写真が撮れました
サブくん 10.19.JPG

これで遊べるレンズが一本増えましたね。



nice!(70)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

PENTAXのレンズ3本 [カメラ]

「1本あれば十分じゃん!」
って声には聞こえないフリします[爆弾]
PENTAX3本1 10.16.JPG
左:Super-Takumar 55mm 1:1.8
中:SMC TAKUMAR 55mm 1:1.8
右:SMC PENTAX 55mm 1:1.8

マウント側は
PENTAX3本2 10.16.JPG
左・中:M42(スクリューマウント)
右:K(バヨネットマウント)

コーティングは
左:モノコート
中・左:マルチコート

大きな違いはそんなところですかね。
どれも55mm 1:1.8の
フィルム時代の廉価版標準レンズで
中古品がゴロゴロしてます。
特にSuper-Takumarは、
ちょこちょこ改良しながら長く作られたみたいで
中古の数も多いし
よく見ると違う!っていう面白さも。
ちなみに私のSuper-Takumarは初期モデルで
WEB情報をもとに分解しようとしましたが
構造が違ってて分解できませんでした。
少し曇ってるので掃除したかったのですが
放置してそのまま使ってます[爆弾]

なんで3本もあるのか?

>続きを見る


nice!(84)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - カメラ ブログトップ